予算が少ない人ができる工夫

事前に用意しておこう

LAN工事ではサーバーやLANケーブル、HUBが必要です。
サーバーは自分で買うのが難しいですが、LANケーブルやHUBなら家電量販店でも販売されており、気軽に入手できます。
業者にLAN工事を依頼すると、LANケーブルとHUBを買ってくれます。
しかし手数料が上乗せされるので、費用がもったいないと思ってください。

自分で正しいLANケーブルやHUBを選べるか不安だという人が見られますが、それぞれの製品で大きく性能が異なることはありません。
ですから、どれを選んでも大丈夫です。
ネット通販でも買えるので、家電量販店に行く時間がない人でも、LAN工事までに準備できるでしょう。
予算がない人も、そのように工夫すれば良いので諦めないでください。

有線がおすすめ

無線にすると、自由にオフィス内でデスクを配置できるようになります。
しかし無線だと有線に比べて通信速度が遅くなったり、不安定な状態が続いたりするので注意してください。
快適に仕事を進められる環境にしたいなら、有線を選択しましょう。
さらに有線だと、LAN工事の料金が安くなるメリットがあります。

レイアウトを考えるのが少し難しいですが、業者のスタッフも協力してくれるので、一緒に作業効率が良くなり、邪魔にならない配置を考えてください。
LAN工事を始める前に、イメージを決めましょう。
大体このようなオフィスにしたいとスタッフに伝えると、その通りに配置してくれます。
そのため、こちらの意図を理解してくれる業者を見極めることもコツです。