>

簡単に食べられるお弁当

大きな時短に繋がる

毎日介護食を作っていると、自分の食事を作る時間がなくなってしまいます。
普段はまだ時間があるので作れているかもしれませんが、急に時間がなくなるかもしれません。
仕事で残業を命じられて、帰宅が遅くなることだってあります。
そんな時は、宅配サービスのお弁当を利用してください。
すると温めるだけで食べられるので、すぐに介護食を食べさせることができます。

疲れている時は、料理をしないで簡単なもので済ませたい人もいるでしょう。
自分はコンビニ弁当をなどで良いですが、高齢の親はコンビニ弁当や市販の冷凍食品を食べることができません。
万が一のことを考えて、ストックしておきましょう。
お弁当があれば、料理がストレスになりません。

まとめて注文しよう

いつも利用している通販サイトがあるなら、一気にまとめてお弁当を購入してください。
1つずつ購入していると、手数料や送料などをそのたびに支払わなければいけないので、費用が高額になります。
一気に注文すれば、追加料金が1回で済むので経済的です。
また合計金額が特定の金額を超えることで、送料が無料になるサービスを実施しているサイトも見られます。

サイトごとに実施するサービスが異なるので、使いやすいところを見つけてください。
たくさん買っていれば、食べたい時にお弁当がないという事態を回避できます。
冷凍庫に、常にストックしてください。
なくなったら、また注文し直しましょう。
冷凍の介護食でもおいしいので、満足できると思います。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る