>

手間を削減しながら介護をしよう

自分で作るのは非常に大変

高齢になると、病気を発症する人が増えます。
すると治療のために、食事を制限されることが多いです。
特にカロリーや塩分脂質などを制限されます。
医師から言われたことは必ず守らないと、病気を治療することはできません。
決まりを破って好きなものばかり食べていると、病気が悪化する危険性があります。

レシピがあれば自分で作ることができますが、1つ1つの調味料を計測して作るので時間が掛かります。
宅配サービスなら、お弁当を届けてもらえるので負担を削減できます。
カロリーや脂質を抑えていますし、高齢者でも食べやすいように工夫されたお弁当なので、介護食に向いています。
細かく具材が切ってあったり、柔らかくしてあるものが良いですね。

医師から言われたことを守ろう

食事を制限するように言われているなら、必ず守ってください。
サイトから注文できますが、各メニューの糖質やカロリーなどが記載されています。
1日に摂取して良いカロリー量を計算して、制限を超えないものを選択してください。
豊富な種類があるので、調味料をいろいろ制限されている人でも選択肢が広いです。

自分で作っていると、いつも同じ料理になってしまうことが多いです。
病気を治療するためでも、毎回同じでは飽きるので、食事が楽しくありません。
宅配サービスを利用するのは良いですが、それぞれ糖質や脂質、カロリーが異なると忘れないでください。
適当に注文しないで、食べても大丈夫なのか確認しましょう。
宅配サービスがあれば、介護が楽になります。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る