宅配サービスの介護食が便利

自分で作らなくても良い

手間を削減しながら介護をしよう

調味料を細かく計測して、介護食を作るのは大変です。 作る時間がなかったり、料理が苦手だという人がいるでしょう。 そんな人におすすめなのは、宅配サービスです。 自宅にお弁当を届けてもらえるので、自分で料理する手間を省けます。 糖質などの量を見て、注文してください。

介護食を届けてもらうサービス

宅配サービスを利用すると、介護食を届けてもらえます。
高齢になると食べ物をうまく噛めなくなったり、病気を発症して食べられるものが制限されることが多いです。
状態に合わせて、ふさわしい介護食を作らなければいけませんが大変でしょう。
宅配サービスなら栄養士がお弁当を作ってくれるので、栄養バランスが良いです。
注文する時に、脂質や糖質量を確認してください。
医師にカロリーなどを制限されている場合は、食べられるものを注文しましょう。

自分で作っていると、時間が掛かるという面がデメリットです。
両親の介護をしていても、自分のやらなければいけないことがあるので毎日が忙しい人がいると思います。
介護食を注文すれば、解凍するだけで食べることができるので便利です。
自分の食事と、介両親の介護食を作るのは大変でしょう。
介護食は注文して、常にいくつかストックしておきましょう。
冷凍庫に入れておけば、長い期間保存できる面もメリットです。

それぞれのメーカーによって、味が異なります。
好みに合う物を選択するために、最初は少ない量を注文しましょう。
たくさん注文して、好みに合わなかったら食べきるのが辛くなります。
いろんなメーカーの介護食を比べると、最もおいしいものがわかります。
また食事の量や、柔らかさなどにも注目して調べましょう。
お試しパックなら安い価格で購入できるので、味などを調べたい時に便利です。
気に入ったら、たくさん注文してください。

簡単に食べられるお弁当

冷凍されたお弁当が届くので、食べる時に解凍してください。 電子レンジを使うだけで良いので、全く手間が掛かりません。 自分の食事も作らなければいけないでしょうから、少しでも手間を削減できるようにしましょう。 いくつか注文して、冷凍庫にストックするのも良い方法です。

好みのメーカーを見つけよう

いろんなメーカーを調べて、好みの味を見つけてください。 また食事の量や食べやすさなども、考慮して決めなければいけません。 お試しパックがあれば、最初にそれを購入しましょう。 お試しパックは安い料金で販売されているので、味を知りたい時に活用してください。

▲ TOPへ戻る